ガラスのうさぎ

glass_usagi

原作: 高木敏子(金の星社・刊)
監督: 四分一 節子
脚本: 小出 一巳・末永 光代
音楽: 大島ミチル
上映時間: 84分

◇ストーリー◇

太平洋戦争末期、東京下町に住む少女・敏子は敗戦色が濃く物資が欠乏した厳しい世の中で、家族とともに一生懸命生きていました。
しかし、昭和20年3月10日の東京大空襲で、敏子は母と二人の妹を失ってしまいます。焼け跡から、空襲の猛火で形の変わったガラスのうさぎを堀り出した敏子は、戦争の恐ろしさを目の当たりにします。
更に疎開の途中、駅で米軍機の機銃掃射を受け、父までも亡くなってしまいました。
たったひとりになった敏子は、絶望の果てに死を見つめ深夜の海辺をさまよいますが、「私が死んだら、お父さん、お母さん、妹たちのお墓参りは誰がするの。私は生きなければ……」と孤独と悲しみの中で、心を奮い立たせるのでした……。