校庭に東風吹いて

kochi_01

2016年9月劇場公開決定!
詳しくは後日、ご報告させて頂きます。
教師 三木知世役に女優:沢口靖子さんに決定しました。
————————————————-
企画・制作 桂壮三郎
原作 柴垣文子「校庭に東風吹いて」より
監督 金田敬
脚本 長津晴子
製作プロデューサー 酒井識人
音楽 山谷知明
製作協力 映画24区
宣伝プロデューサー 平沢清一
製作 映画「校庭に東風吹いて」製作実行委員会
上映時間: 分

◇ストーリー◇

 三木知世は、転勤で「場面緘黙症」の疾患を持つミチルのクラスを担当する。
ミチルは、家では少し話せるのに学校では話せない、「一人でトイレにいけない、一人で給食を食べられない、歌えない、絵を描けない」そんなミチルに、知世は、共感と愛情をもって接するのだった。
 同じクラスに、問題行動の多い安川純平がいる、離婚した母親の理恵と純平の貧しい生活は日毎厳しさを増している。
純平はコンビニで食料品の万引きを起こし通報される。学校は一定期間個別指導室へ純平を閉じ込めるが、知世は、それでは問題は解決しないと校長へ訴えるが拒否される、そんな時、いじめうけたミチルの不登校が始まった。
 知世はミチルと細い糸を繋がせながら母親の富子と交換ノートを始めるのだった。
子ども達の様々な問題の前に疲れた知世は、夫の真治に、教師として子ども達を救えない教師失格だと泣き崩れるのだった・・・。