新規・規制市場参入への近道!

企業分野のM&Aと同じ

一つの事業にフォーカスするのではなく、売上高アップのため、リスク分散のため、など様々な要因から事業分野を拡大する企業が昔から数多く存在してきました。そして、新しい事業を開始するにあたっては、0からノウハウを少しずつ積み上げていくという方法と、M&Aで企業を買収して既存の成功企業をグループ内に招き入れるという方法があります。20世紀に入ってから急成長しているIT系企業分野に関しては、競争が激しく急速に成長していかないとなかなかグループ全体の連結売上高を伸ばしていけません。そんな中、M&Aによって既にコネもノウハウも持ち合わせた、その分野のリーディング企業を買収し、短期間にて新規参入領域で成功しようとする企業が急増中です。サイトM&Aでも既にブランド力の高いサイト名で運営を始めれば、ブランド力を高める時期を省略できるほか、ブランド力が高ければ提携話などもスムーズに進む可能性があります。

SEO上の効果も大きい

サーチエンジン市場にて世界一のシェアを誇る企業はドメイン取得後(サイト運営開始後)から長い時間が経過しているサイトの順位を優遇する傾向です。逆に言うと、新しくドメインを取得してサイトを新規開設していも、競争の激しい分野では、どんなページ数を増産しても半年から1年はサーチエンジンの順位が上がらない恐れがあります。しかし、サイトM&Aにてドメイン移管の作業を経て、既にサーチエンジンからの信用が高いドメインでサイトを運用する形をとれば、最初から高い順位を狙う事が可能です。その他、サイトを新規開設して1ページずつコンテンツを増やしていくのは気の遠くなるように労力を要しますが、サイトM&Aで特定のサイトを買えばコンテンツも丸ごと入手できます。そのため、コンテンツ作りに時間を費やす必要がありません。